善行(読み)ぜんこう

精選版 日本国語大辞典「善行」の解説

ぜん‐こう ‥カウ【善行】

〘名〙 よい行ない。道徳にかなった行ない。良な行状。ぜんぎょう。〔文明本節用集(室町中)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三〇「平生温厚にして善行(ゼンカウ)あるに由てなり」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「善行」の解説

ぜん‐こう〔‐カウ〕【善行】

よい行い。道徳にかなった行為。「善行を積む」
[類語]篤行陰徳功徳善根

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「善行」の解説

【善行】ぜんこう(かう)

よい行為。〔老子、二十七〕善行には轍迹(てっせき)(あと)無く、善言には瑕(かてき)(欠点)無し。善計には、籌策(ちうさく)を用ひず、善閉は、關鍵(くわんけん)无(な)きも開くべからず。

字通「善」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android