唐辛子(読み)トウガラシ

デジタル大辞泉「唐辛子」の解説

とう‐がらし〔タウ‐〕【唐辛子/唐芥子/蕃椒】

ナス科一年草。枝を多く出し、葉は長卵形。夏、葉の付け根に白色の5弁花をつける。実は細長く、初め緑色で秋に熟すと深紅色になる。ふつう果皮や種子の辛味が強く、香辛料や薬用にする。南アメリカの原産。日本には16世紀に伝来。南蛮船がもたらしたという。変種が多い。南蛮がらし。 秋 花=夏》「青くてもあるべきものを―/芭蕉
[類語]獅子唐辛子ピーマン芥子洋芥子和芥子七味唐辛子鷹の爪マスタードタバスコパプリカ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「唐辛子」の解説

とん‐がらし【唐辛子】

〘名〙 「とうがらし(唐辛子)」の変化した語。
※洒落本・契情実之巻後編(1804)三「雀の医者殿がとんがらし(〈注〉唐芥子)水のませやせまいし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「唐辛子」の解説

唐辛子

 ナス科の[Capsicum]属の果実を乾燥して粉末にしたもの.スパイスとして使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「唐辛子」の解説

唐辛子 (トウガラシ)

学名Capsicum annuum
植物。ナス科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android