和合(読み)わごう

精選版 日本国語大辞典「和合」の解説

わ‐ごう ‥ガフ【和合】

[1] 〘名〙
① 二つ以上のものが結合し、とけあうこと。
※勝鬘経義疏(611)一乗章「此法身則能与合、亦為僧宝」 〔韓詩外伝‐巻三〕
② 二つ以上のものを混ぜ合わせること。また、組んで一つにすること。
※今昔(1120頃か)二「露許も瞋恚(しんい)を不(おこさ)ざる人の眼及骨髄を取て和合して付ば、王の御病は即ち(いえ)なむと」 〔墨子‐非攻中〕
③ 男女が結婚すること。男女が性のいとなみをすること。
※令義解(833)戸「謂。不礼交姧也。仮令。初不主婚。和合姧通。後由祖父母等。已聴婚娶」 〔周礼疏‐地官・媒氏〕
④ うちとけて仲よくなること。また、夫婦が仲睦まじくなること。
※明衡往来(11C中か)中末「就中筆是成仏経書写之功徳。為男女和合之用物
※御伽草子・酒茶論(古典文庫所収)(室町末)「両ぢんの御大将ぶじにぞ和合したりけり」 〔荀子‐礼論〕
⑤ 僧が法要の場に参集すること。
※醍醐寺新要録(1620)「俊慶法印記云〈略〉但衆和合。欲何事至、少し高唱式〈略〉享徳弍年〈癸酉〉季秋七日」
[2] 「わごうじん(和合神)」の略。〔西湖遊覧志余‐熙朝楽事〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「和合」の解説

わ‐ごう〔‐ガフ〕【和合】

[名](スル)
仲よくなること。親しみ合うこと。「夫婦和合の道」「家族が和合する」
男女が結ばれること。結婚すること。
まぜ合わせること。調合。また、まじり合うこと。
「かかる因縁は―するなり」〈愚管抄・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「和合」の解説

【和合】わごう

むつまじくする。

字通「和」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android