命綱(読み)いのちづな

精選版 日本国語大辞典「命綱」の解説

いのち‐づな【命綱】

〘名〙
① 危険な所で仕事をする時など、生の安全をはかるために体に縛り付けておく
※剥製(1969)〈三浦哲郎〉二「その代り、腰に命綱をつけていけ」
② 廻船の綱具のうち、最上の加賀苧綱(かがおづな)の俗称。おもに碇綱(いかりづな)として用い、「かがす」とも呼ばれる。
※宝暦漂流物語(1754)「かがすとは、船中に命綱とて、太綱の七八十尋もあるを」
救命ブイ、救命いかだ、救助艇などの周囲についている綱、船の甲板に張ったつかまり綱、難破船に渡して連絡を取る綱など。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二「ハッチの上を通るやうに、ライフライン(命綱)が張られた」
④ (比喩的に) 命、あるいは生活をささえるたよりになるもの。生存あるいは存続のための基盤。命の綱。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉伸び行く「その人さへ僕を信じ愛してゐてくれるなら、と、それを最後の命綱(イノチヅナ)にしてゐたんですが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「命綱」の解説

いのち‐づな【命綱】

高い場所や海の中などの危険な場所で仕事をするとき、用心のためにからだに巻きつけておく綱。また、救命ブイや救助艇にわたす綱など。
命の綱」に同じ。「この資金が最後の命綱だ」
[類語]荒縄細引きテープしめ縄帆綱ロープザイル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「命綱」の解説

命綱
いのちづな

腰綱」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android