同類(読み)どうるい

精選版 日本国語大辞典「同類」の解説

どう‐るい【同類】

〘名〙
① 同じ種類。同じたぐい等類
※名語記(1275)五「かやうに同類ならざれば」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「同類の植物をふやさんが為めなり」 〔孟子‐告子・上〕
② (━する) 同じ仲間となって行動を共にすること。また、その仲間。一族。一味。とくに、共犯者をもいう。
※将門記(940頃か)「貞盛は人口の甘きに依り、本意に非ずと雖も暗に同類と為って」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「同類(ドウルイ)の岡八と二人にてうまくお由をだまし」
※筑波問答(1357‐72頃)「よき発句みな同類をのがれず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「同類」の解説

どう‐るい【同類】

同じ種類。同じたぐい。
同じ種類のもの。同じたぐい。仲間。「傍観していた者も加害者と同類だ」
等類とうるい3」に同じ。
[類語]種類同種同系仲間一類一党徒輩とはいともがらやからたぐい集団一群一団チームパーティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「同類」の解説

【同類】どうるい

同じ種類。仲間。清・黄遵憲〔陸軍官学校開校礼~〕 同(とも)に亞細亞(あじあ)に在り 昔より封輯(やはら)ぐ~恃(たの)むは各富強ならんことを 乃ち能く相ひ輔弼(ほひつ)せん 同爭(きそ)つて奮せば 外、日に潛(せんとく)せん

字通「同」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android