吉田の清祓(読み)よしだのきよはらえ

精選版 日本国語大辞典「吉田の清祓」の解説

よしだ【吉田】 の=清祓(きよはらえ)[=大祓(おおはらえ)

近世、陰暦正月一九日、京都の吉田神社の大元宮前で行なわれた疫神祓の神事節分の夜に諸方から追われた疫鬼を、厄塚に封じ込め、清祓してを撤去した。この日は婦人の参詣が多いので女節分(おんなせつぶん)と呼ばれた。《季・新年》 〔俳諧・増山の井(1663)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android