古賀 良彦(読み)コガ ヨシヒコ

20世紀日本人名事典「古賀 良彦」の解説

古賀 良彦
コガ ヨシヒコ

昭和期の放射線医師 東北大学名誉教授。



生年
明治34(1901)年7月24日

没年
昭和42(1967)年6月29日

出生地
福岡県朝倉町

学歴〔年〕
九州帝大医学部〔昭和2年〕

学位〔年〕
医学博士〔昭和7年〕

主な受賞名〔年〕
帝国技術院賞〔昭和18年〕,保健文化賞〔昭和18年〕,結核半減記念賞〔昭和37年〕

経歴
九大内科第2講座で放射線学を専攻、昭和7年助教授、8年東北帝大医学部放射線医学部講座助教授となり、11年仙台陸軍教導学校学生の集団X線検診で間接撮影に成功、17年教授。また宮城県医師会長、北海道東北医師会連合会長も兼ねた。28年学内に診療X線技師学校を創設校長となった。39年久留米大学長となり、東北大名誉教授。著書放射線療法」「放射線医学」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「古賀 良彦」の解説

古賀 良彦 (こが よしひこ)

生年月日:1901年7月24日
昭和時代の放射線医学者。東北大学教授
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android