取水口(読み)しゅすいこう

精選版 日本国語大辞典「取水口」の解説

しゅすい‐こう【取水口】

〘名〙 ダムなどでせき止めた水を導水路に取り込む入口
※沈める滝(1955)〈三島由紀夫〉七「奥野川の上流のはうで、往きに来た道の取水口とは反対の、放水口のはうの掘削の発破である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「取水口」の解説

しゅすい‐こう【取水口】

河川などから水を上水道や農業用水路に導き入れる所。また、その設備。取り入れ口。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android