南半球(読み)みなみはんきゅう(英語表記)Southern Hemisphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「南半球」の解説

南半球
みなみはんきゅう
Southern Hemisphere

赤道以南の地球半分水陸分布 (海洋 81%,陸地 19%) は北半球に比べて陸地が著しく小さい。南アメリカ大陸オーストラリア大陸南極大陸,アフリカ大陸の南部,およびマダガスカル,ボルネオ,スンダ列島ニューギニア島などを包括する。スンダ列島を除いて,人口密度アジアヨーロッパに比べてきわめて希薄であるが,人種は豊富である。第2次世界大戦前は植民地が大部分であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「南半球」の解説

南半球
みなみはんきゅう

地球の赤道を中心として二分した場合に、赤道の南半部を南半球という。北半球に対する語。南半球の陸地は全地球の陸地の32.6%を占め、海洋と陸地の面積は80.9%および19.1%で、北半球に比べて海洋の面積ははるかに広い。南半球の陸地のうち、南極大陸は28%を占めている。北半球にある国々よりも、一般に開発が遅れ、発展途上国が多い。

[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「南半球」の解説

みなみ‐はんきゅう ‥ハンキウ【南半球】

〘名〙 赤道を境にして地球を南北に二分したときの南の半分。⇔北半球
窮理通(1836)二「北半球を陸と為し、南半球を海と為すなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「南半球」の解説

みなみ‐はんきゅう〔‐ハンキウ〕【南半球】

地球を赤道で二分したときの南側の半球。赤道から南の部分。⇔北半球
[類語]半球北半球東半球西半球

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android