千葉 亀雄(読み)チバ カメオ

20世紀日本人名事典「千葉 亀雄」の解説

千葉 亀雄
チバ カメオ

大正・昭和期の評論家,ジャーナリスト 読売新聞編集局長;東京日日新聞学芸部長・編集局長。



生年
明治11(1878)年9月24日

没年
昭和10(1935)年10月4日

出生地
山形県酒田市

別名
号=江東,莫愁,露靂火

学歴〔年〕
早大高師部中退,東京外語中退

経歴
「文庫」「日本」「日本及日本人」の記者をしたあと国民新聞時事新報、読売新聞、東京日日新聞(現毎日新聞)等の学芸部長や編集局長を歴任。読売時代には「婦人」欄を設けて婦人問題にも多大の関心を示した。一方、文芸評論家としても活躍し、大正13年には「世紀」に「新感覚派の誕生」と題する評論をのせ、横光利一、川端康成らの文学グループを“新感覚派”と名付けている。また立教大学などで教鞭をとった。著書に「悩みの近代芸術」「異性を観る」「明治の文学」「大正文学概説」「ペン縦横」「新聞十六講」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「千葉 亀雄」の解説

千葉 亀雄 (ちば かめお)

生年月日:1878年9月24日
大正時代;昭和時代の文芸評論家;新聞記者
1935年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android