千秋(読み)せんしゅう

精選版 日本国語大辞典「千秋」の解説

せん‐しゅう ‥シウ【千秋】

〘名〙
① 千年。千歳。ちとせ。転じて、長い年月。
※懐風藻(751)春日侍宴〈采女比良夫〉「宜献南山寿、千秋衛北辰
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)下「末はせんしう万年も変らぬ、妹背を重ねける」 〔李陵‐与蘇武
② 「せんしゅうばんぜい(千秋万歳)」の。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録一二「路傍の観者千秋(センシュウ)を呼び万歳を唱ふ」

ち‐あき【千秋】

〘名〙 (「ち」は数の多いこと、「あき」は年のこと) 長い年月。永久。永遠。千歳(ちとせ)千五百秋(ちいおあき)。千百秋(ちおあき)。せんしゅう。
※古事記(712)上「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国者(とよあしはらのちあきながいほあきのみづほのくに)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「千秋」の解説

千秋

秋田県で生産されるリンゴ。重さ250〜300gとやや小ぶりだが、ジューシー甘み酸味バランスがよく美味。秋田県果樹試験場が「東光」と「ふじ」を交配し育成した品種。1980年に品種登録

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「千秋」の解説

せん‐しゅう〔‐シウ〕【千秋】

千年。千歳。また、非常に長い年月。「一日千秋の思い」
千秋万歳ばんぜい」の略。
[類語]千載千代千歳ちとせ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「千秋」の解説

千秋 (センシュウ)

植物。イワヒバ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物。イワヒバの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

367日誕生日大事典「千秋」の解説

千秋 (ちあき)

生年月日:1971年10月26日
平成時代のタレント;歌手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

普及版 字通「千秋」の解説

【千秋】せんしゆう(しう)

千年。清・趙翼〔赤壁〕詩 千秋の人物、三の國 一片山河、百戰の場

字通「千」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android