加島屋清兵衛(読み)かじまや・せいべえ

朝日日本歴史人物事典 「加島屋清兵衛」の解説

加島屋清兵衛

生年:生没年不詳
江戸中期の大坂の米商人享保期(1716~35)には米価が下落したため,幕府は各種対策を実施した。江戸の米商人らを大坂米穀市場に派したのもそのひとつであったが,これに対しては大坂の米商人らは団結して強く反対した。加島屋は,この江戸商人の大坂進出反対の中心人物のひとり。享保13(1728)年,田辺屋藤左衛門,河内屋儀兵衛らと5人で江戸に赴き江戸商人の会所の廃止や大坂商人らによる会所の設立を上願した。同15年の再度の上願メンバーにも名を連ねており,大坂米商人のなかでも有力であった。<参考文献>須々木庄平『堂島米市場史』

(土肥鑑高)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「加島屋清兵衛」の解説

加島屋清兵衛 かじまや-せいべえ

?-? 江戸時代中期の商人。
大坂の人。享保(きょうほう)の改革期に江戸の米商人が幕府による米価政策をうけて大坂市場に進出したとき,これに対抗。享保13年(1728)と15年に仲間の大坂米商人とともに江戸にいき,幕府に対し江戸商人の設立した堂島永来町御用会所の廃止や米相場立会の許可をねがいでた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android