功労(読み)こうろう

精選版 日本国語大辞典「功労」の解説

こう‐ろう ‥ラウ【功労】

〘名〙 国や社会の発展などのために大きな功績をあげた努力。てがら。
※続日本紀‐天平神護二年(766)五月乙丑「庶令経術之士周遍宣揚、労之人普蒙霑潤、奏可」
※読本・春雨物語(1808)天津処女「水害を除き、民を安きに置れし功労もありしかど」 〔韓非子‐八姦〕

く‐ろう ‥ラウ【功労】

〘名〙 (「く」は「功」の呉音) てがら。こうろう。
※色葉字類抄(1177‐81)「功労 クラウ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「功労」の解説

こう‐ろう〔‐ラウ〕【功労】

大きな功績と、そのための努力。「長年の功労に報いる」「会社再建の功労者」
[類語]功績手柄殊勲金字塔遺産実績成績業績成果偉業遺業勲功偉功事績足跡収穫結実実り治績偉勲巨歩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「功労」の解説

【功労】こうろう(らう)

てがら。貢献。〔管子、明法解〕亂の功勞を察せず。に譽めらるるは、則ち之れを賞す。の罪を審らかにせず。

字通「功」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android