副使(読み)ふくし

精選版 日本国語大辞典「副使」の解説

ふく‐し【副使】

〘名〙 正使を補佐し、正使に故障のあったときには代理をつとめるためにつき添って行く使者。そいづかい。
※続日本紀‐天平一一年(739)七月癸卯「渤海使副使雲麾将軍己蒙等来朝」

ふう‐す【副使】

〘名〙 (「ふう」は「」の唐宋音) =ふくし(副使)〔運歩色葉(1548)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「副使」の解説

ふく‐し【副使】

正使に付き添ってこれを補佐し、必要なときには代理を務める使者。そえづかい。
[類語]助役助手アシスタント片腕助っ人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android