別れ霜(読み)わかれじも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「別れ霜」の意味・わかりやすい解説

別れ霜
わかれじも

終霜晩霜のこと。標高緯度の高いほど遅い時期に発生し,による被害は,早春より木の作物の芽が出た晩春などに大きくなる。移動性高気圧に覆われ,風が弱く,放射冷却により明け方気温が下がるときに起こる。「八十八夜の別れ霜」は立春から数えて 88日目(5月2日頃)にあたり,霜がおりる終わりの頃とした農事暦の目安である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉 「別れ霜」の意味・読み・例文・類語

わかれ‐じも【別れ霜】

晩春のころ、最後に降りる霜。八十八夜のころに多い。忘れ霜 春》「花過ぎてよし野出る日や―/几董
[類語]薄霜初霜早霜遅霜霜柱降霜晩霜露霜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android