出来上る(読み)デキアガル

デジタル大辞泉「出来上る」の解説

でき‐あが・る【出来上(が)る】

[動ラ五(四)]
すっかりできる。完成する。仕上がる。「注文した服が―・る」
生まれつく。本来そういうものとして成り立つ。
「背のすらりとした撫肩の恰好よく―・った女で」〈漱石吾輩は猫である
酒を十分に飲んでいい気持ちに酔っている。「五合ばかり飲んですっかり―・っている」
[類語](1出来る成る成り立つ仕上がる仕上げる固まる成就達成大成速成適う実現完成成立出来しゅったい樹立確立存立打ち立てる成功奏功上首尾結実開花実を結ぶ花開く物になる揃うまとまる済む上がる完了する格好がつく様になる型にはまる枠にはまる/(3酔う酔っ払う酩酊めいていする沈酔する大酔たいすいする泥酔する乱酔する飲まれるとらになる酒気を帯びる微醺びくんを帯びる酔い潰れるぐでんぐでんべろべろべろんべろんへべれけれろれろ悪酔い酔態酒乱酔眼酔眼朦朧もうろう酒焼けほろ酔い生酔い微酔酔狂酔歩呂律ろれつが回らない千鳥足目が据わるメートルを上げる宿酔二日酔い酔いどれ酔っ払い大虎おおとら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android