出帆(読み)しゅっぱん

精選版 日本国語大辞典「出帆」の解説

しゅっ‐ぱん【出帆】

〘名〙 帆をあげて船が出て行くこと。船が港を出ること。船出出港。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「その舟既にダウンスに向て出帆す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出帆」の解説

しゅっ‐ぱん【出帆】

[名](スル)船が港を出ること。出港。「東京港を出帆する」
[類語]出船しゅっせん出港出航船出出船でふね抜錨解纜発船発艦離岸離水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「出帆」の解説

【出帆】しゆつぱん

舟出。

字通「出」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android