全滅(読み)ぜんめつ

精選版 日本国語大辞典 「全滅」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐めつ【全滅】

〘名〙
① 一つも残らずほろびること。また、一つも残さずほろぼすこと。全没。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「価を二三にする弊習の未だ全滅(ゼンメツ)に至らざる事」
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「世界の人間が全滅しても天然の事象は其儘に存在すると仮定する」
② 全うすることと滅びること。保全と滅亡。〔後漢書‐皇甫嵩伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「全滅」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐めつ【全滅】

[名](スル)残らず滅びること。また、残らず滅ぼすこと。「味方が全滅する」「害虫を全滅する」
[類語]絶滅壊滅撲滅殲滅根絶根絶やし滅びる滅亡衰亡破滅自滅衰滅死滅滅ぶ墓穴を掘る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「全滅」の読み・字形・画数・意味

【全滅】ぜんめつ

みな滅びる。

字通「全」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android