党派(読み)とうは

精選版 日本国語大辞典 「党派」の意味・読み・例文・類語

とう‐は タウ‥【党派】

〘名〙
① 主義・思想などを同じくする者が集まってつくった団体。党。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五二「マルツラバースは屡々サクシンガム侯の招待を受れども、元来其党派を異にし」
② 党の中の分派
③ 行動などをともにする仲間。組。
※春雨文庫(1876‐82)〈和田定節〉一三「諸藩の徒が〈略〉攘夷の鎖港のと騒ぎたて日々にその党派を集め当横浜港をも襲はんとする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「党派」の意味・読み・例文・類語

とう‐は〔タウ‐〕【党派】

考え方・主義や利害関係などを同じくする人々の集まり。党。
党の中の分派。
[類語]派閥旧派新派分派別派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android