佐藤 繁彦(読み)サトウ シゲヒコ

20世紀日本人名事典「佐藤 繁彦」の解説

佐藤 繁彦
サトウ シゲヒコ

明治〜昭和期のキリスト教神学者,ルター研究家



生年
明治20(1887)年9月24日

没年
昭和10(1935)年4月16日

出生地
福島県会津若松市

経歴
一高在学中に海老名弾正にキリスト教の洗礼を受ける。大正9年九州学院神学部講師となり、11〜13年ドイツに留学。帰国後ルーテル教会に転じ、ルーテル神学専門学校の歴史神学教授就任。またルッター研究会を主宰、14年〜昭和10年個人月刊誌「ルッター研究」を執筆、発行した。著書に「若きルーテル」「宗教体験の研究」「信仰の人マルティーン・ルッター」「ルッターの信仰及思想」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「佐藤 繁彦」の解説

佐藤 繁彦 (さとう しげひこ)

生年月日:1887年9月24日
明治時代-昭和時代の神学者
1935年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android