今朝(読み)けさ

精選版 日本国語大辞典「今朝」の解説

けさ【今朝】

〘名〙 今日の。こんちょう。けさし。
※書紀(720)垂仁八八年七月(北野本室町時代訓)「昨夕(よむへ)、刀子、自然(をのつから)に、(やつこ)が家に至る。乃ち明旦(ケサ)失せぬ」
万葉(8C後)一七・三九四七「家佐(ケサ)の朝明(あさけ)秋風寒し遠つ人雁が来鳴かむ時近みかも」
※平家(13C前)一二「夜部(よべ)までよに尋常なる旅人の二人留まって侍ひつるが、けさなど出でて候ふやらむ」

こん‐ちょう ‥テウ【今朝】

〘名〙 きょうのあさ。けさ。今旦
※万葉(8C後)一七・三九七六右七言詩序文「昨暮来使幸也以垂晩春遊覧之詩 今朝累信辱也以相招望野之歌」 〔詩経‐小雅・白駒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「今朝」の解説

けさ【今朝】

今日の朝。この朝。こんちょう。「今朝から熱がある」「今朝大雨が降った」

こん‐ちょう〔‐テウ〕【今朝】

今日の朝。けさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「今朝」の解説

【今朝】こんちよう(てう)

けさ。〔詩、小雅、白駒〕皎皎(けうけう)たる白駒 我が場のらふ 之れを(つな)ぎ之れを維(つな)ぎ 以て今を永うせん 謂(いはゆる)(こ)の人(白馬に乗って向する客神) 焉(ここ)に逍遙す

字通「今」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android