亜鉛酵素

栄養・生化学辞典「亜鉛酵素」の解説

亜鉛酵素

 分子内に活性に必須な金属として亜鉛を含む酵素で,カルボニックアンヒドラーゼ膵臓の分泌する消化酵素の一つであるカルボキシペプチダーゼA,アルコールデヒドロゲナーゼ,スーパーオキシドジスムターゼなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

化学辞典 第2版「亜鉛酵素」の解説

亜鉛酵素
アエンコウソ
zinc enzyme

活性発現に亜鉛を必要とする酵素.アルコール脱水素酵素,カルボキシペプチダーゼA(carboxypeptidase A),スーペルオキシドディスムターゼなどが代表例.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android