亜聖(読み)あせい

精選版 日本国語大辞典「亜聖」の解説

あ‐せい【亜聖】

〘名〙 (「」は、次ぐの) 聖人につぐ人。大賢人。多く、孔子人とするのに対して、顔回孟子の美称に用いられる。
※空華日用工夫略集‐応安三年(1370)一一月一三日「又問孟軻事。曰、凡人以習為賢為愚。故其母三択隣以居。遂為亜聖」 〔朱熹‐孟子集注序説〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「亜聖」の解説

あ‐せい【亜聖】

《「亜」は次ぐ意》
聖人に次ぐりっぱな人。大賢人。
《聖人とされる孔子に次ぐ人として》孟子もうしまたは顔回がんかいをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「亜聖」の解説

【亜聖】あせい

聖人に次ぐもの、孔門高弟や孟子をいう。・趙岐〔孟子題辞〕書七はす。~天地羅し、を揆敍す。仁義、性命、粲然載せざる靡(な)し。~命世の大才なるなり。

字通「亜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の亜聖の言及

【顔回】より

…32歳で若死したとき,孔子は〈ああ,天われを喪(ほろ)ぼせり〉と痛惜したという。後世,亜聖として尊崇される。【日原 利国】。…

※「亜聖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android