五十一番目のザボン(読み)ゴジュウイチバンメノザボン

デジタル大辞泉「五十一番目のザボン」の解説

ごじゅういちばんめのざぼん〔ゴジフイチバンめの‐〕【五十一番目のザボン】

与田凖一による長編児童文学作品。小学校の校舎建設のために片側を切られたザボンの木のと子供たちの物語。「毎日小学生新聞」に昭和26年(1951)1月から4月にかけて連載されたのち、単行本刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android