亀川 哲也(読み)カメカワ テツヤ

20世紀日本人名事典 「亀川 哲也」の解説

亀川 哲也
カメカワ テツヤ

大正・昭和期の国家主義者



生年
明治24(1891)年12月21日

没年
昭和50(1975)年6月21日

出生地
沖縄県宮古島

学歴〔年〕
早稲田大学専門部法科〔大正3年〕卒

経歴
会計検査院に勤め、あわせて経済学を学ぶ。その間政友会領袖の森格の私設経済顧問を務める。昭和8年山崎延吉らと大日本農道会を組織するが、まもなく除名。9年山口一太郎らの大亜細亜学生連盟に入り、西田税らと相沢三郎公判に活動する。11年の2.26事件直前、久原房之助から資金援助を受け、事件に際して「昭和維新」政権樹立を画策したが、検挙され、12年無期懲役となった。敗戦直後の大赦釈放

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android