久留間 鮫造(読み)クルマ サメゾウ

20世紀日本人名事典「久留間 鮫造」の解説

久留間 鮫造
クルマ サメゾウ

大正・昭和期の経済学者 法政大学名誉教授。



生年
明治26(1893)年9月24日

没年
昭和57(1982)年10月20日

出身地
岡山市

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔大正7年〕

学位〔年〕
経済学博士

経歴
大正8年大原社会問題研究所に入り、昭和24年同研究所が法政大に移管されると共に所長就任し、41年まで務める。21年法政大学教授に就任、39年退職。マルクス経済学権威として注目された。また経済学研究の内容、方法、態度において昭和期の経済学界に大きな影響を及ぼした。著書に「恐慌論研究」「経済学史」「価値形態論と交換過程論」「マルクス経済学レキシコン」(全15巻)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「久留間 鮫造」の解説

久留間 鮫造 (くるま さめぞう)

生年月日:1893年9月24日
大正時代;昭和時代の経済学者。法政大学教授
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android