主客転倒(読み)しゅかくてんとう

四字熟語を知る辞典 「主客転倒」の解説

主客転倒

主人と客の立場が逆になること。転じて、人の立場・順序・軽重などが逆になること。

[活用] ―する。

[使用例] 主客顛倒の態で、今度は藤井が、苦りきってそっぽを向くのを[里見弴*大道無門|1926]

[使用例] 主客転倒すれば、かくも見る気持ちがちがうものかと私は驚いた[上林暁*揚雲雀|1956]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉 「主客転倒」の意味・読み・例文・類語

しゅかく‐てんとう〔‐テンタウ〕【主客転倒/主客×顛倒】

[名](スル)主と客の力関係が逆になること。物事の軽重・本末などを取り違えること。「―した議論」
[類語]反対ぎゃく逆様さかさまさかあべこべかえって裏腹うらはら裏返し裏表うらおもて右左みぎひだり上下うえした後ろ前正反対真逆本末転倒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android