丸木(読み)まるき

精選版 日本国語大辞典「丸木」の解説

まる‐き【丸木】

〘名〙
① 山から切り出したままの木。また、をはいだままの丸い材木。まろき。
※五社百首(1190)「山かつの丸木さしあはせうづむ火のに有物と誰か知るべき」
丸木舟のこと。

まろ‐き【丸木】

〘名〙 =まるき(丸木)
※木工権頭為忠百首(1136頃)桜「あたりなる花のよそめに山川のまろ木の橋をふみぞわづらふ〈源頼政〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「丸木」の解説

まる‐き【丸木】

伐採して枝を払っただけの木材丸太。「丸木のままいかだに組む」
[類語]木材材木原木白木丸太銘木角材用材廃材

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android