中枢神経(読み)ちゅうすうしんけい

精選版 日本国語大辞典「中枢神経」の解説

ちゅうすう‐しんけい【中枢神経】

〘名〙 知覚、運動、創造などの諸機能を統御・調節する神経の総称。無脊椎動物の集中神経系に見られる頭部神経節や脊椎動物の脊髄など。特に哺乳類では大脳の発達がよく高次の神経統御・調節作用はここで行なわれる。中枢。神経中枢。比喩的に、中心になる重要な機関・組織の意にも用いる。〔新編教育学(1894)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「その反映は、金融上の中枢神経(チウスウシンケイ)である株式取引所の相場の上に明かに現はれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「中枢神経」の解説

中枢神経

 末梢神経の対語.脳と脊髄からなる.末梢神経を統括する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「中枢神経」の解説

ちゅうすう‐しんけい【中枢神経】

中枢神経系

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android