中島 久万吉(読み)ナカジマ クマキチ

20世紀日本人名事典「中島 久万吉」の解説

中島 久万吉
ナカジマ クマキチ

昭和期の実業家,政治家,男爵 古河電工社長;日本工業倶楽部専務理事;商工相;貴院議員。



生年
明治6年7月24日(1873年)

没年
昭和35(1960)年4月25日

出身地
神奈川県横浜市

学歴〔年〕
高等商業学校(現・一橋大学)〔明治30年〕卒

経歴
第1次桂内閣の首相秘書官から明治39年古河合名(古河鉱業)に入り、横浜護謨製造(横浜ゴム)、横浜電線製造(古河電工)各社長を歴任後、大正5年日本工業倶楽部創立とともに専務理事に就任。昭和7年には斎藤内閣の商工相となり、製鉄、ビール、製紙などの会社合併を推進する。だが2年後、足利尊氏美したとして右翼の攻撃を受けたため大臣辞任、帝銀事件にも連座して、一時政財界から退いた。その後15年には財界に復帰、戦後は日本貿易会を設立したほか国際電信電話創立委員長、文化放送会長を歴任。著書に「政界財界五十年」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「中島 久万吉」の解説

中島 久万吉
ナカジマ クマキチ


肩書
商工相,貴院議員,古河電工社長,日本工業倶楽部専務理事

生年月日
明治6年7月24日

出身地
神奈川県横浜市

学歴
高等商業学校(現・一橋大学)〔明治30年〕卒

経歴
第1次桂内閣の首相秘書官から明治39年古河合名(古河鉱業)に入り、横浜護謨製造(横浜ゴム)、横浜電線製造(古河電工)各社長を歴任後、大正5年日本工業倶楽部創立とともに専務理事に就任。昭和7年には斎藤内閣の商工相となり、製鉄、ビール、製紙などの会社合併を推進する。だが2年後、足利尊氏を讃美したとして右翼の攻撃を受けたため大臣を辞任、帝銀事件にも連座して、一時政財界から退いた。その後15年には財界に復帰、戦後は日本貿易会を設立したほか国際電信電話創立委員長、文化放送会長を歴任。著書に「政界財界五十年」がある。

没年月日
昭和35年4月25日

家族
父=中島 信行(初代衆院議長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「中島 久万吉」の解説

中島 久万吉 (なかじま くまきち)

生年月日:1873年7月24日
大正時代;昭和時代の実業家;政治家。古河電工社長;貴族院議員
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android