中天(読み)ちゅうてん

精選版 日本国語大辞典 「中天」の意味・読み・例文・類語

ちゅう‐てん【中天】

[1] 〘名〙
① 天のまんなか。天の中心。天心
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「朝は日が出、昼は中天にあり、は日入てぬるぞ」
② なかぞら。空中中空
平家(13C前)五「は中天にみちみち、ほのほは虚空にひまもなし」 〔韋応物‐観早朝詩〕
天下。宇内。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「中天」の意味・読み・例文・類語

ちゅう‐てん【中天】


天のまんなか。天の中心。天心。「中天にかかる月」
なかぞら。中空。空中。
中天竺ちゅうてんじく」の略。
[類語]中空なかぞら中空ちゅうくう天空天穹てんきゅう穹窿きゅうりゅう蒼穹そうきゅう太虚たいきょ上天天球青空青天井ちゅうくう空中虚空こくう上空大空高空低空空間スペース空き空洞空虚から空っぽがら空きがらんどううつろうろもぬけの殻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「中天」の読み・字形・画数・意味

【中天】ちゆうてん

大空。

字通「中」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android