上首尾(読み)じょうしゅび

精選版 日本国語大辞典「上首尾」の解説

じょう‐しゅび ジャウ‥【上首尾】

〘名〙 (形動) 首尾のよいこと。うまくいくこと。また、そのさま。
※浮世草子・好色二代男(1684)八「常住不断の上首尾(シュビ)、頭北西面の楽床(らくとこ)、かぎりをしらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上首尾」の解説

じょう‐しゅび〔ジヤウ‐〕【上首尾】

[名・形動]物事がうまい具合に運ぶこと。都合よくいってよい結果を得ること。また、そのさま。「話し合いは上首尾に終わる」「結果は上首尾だ」⇔不首尾
[類語]はかばかしい円滑スムーズすいすいとんとん拍子着着順調快調好調淀みない淀みなく首尾良くとんとんすらすらみるみるずんずんぐんぐんどんどんはかどる成就達成大成速成適う実現完成成立成り立つ成る出来しゅったい出来る出来上がる樹立確立存立打ち立てる成功奏功結実開花実を結ぶ花開く物になる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android