一環(読み)いっかん

精選版 日本国語大辞典「一環」の解説

いっ‐かん ‥クヮン【一環】

〘名〙
① 鎖などつながっているのうちの一つ。
江戸繁昌記(1832‐36)二「一環の臂墨(〈〉いれずみ)、掩ふ所有るが若く」
② 全体的なつながりをもっている物事一部分
※中野重治論‐息子拒否権(1947)〈荒正人〉「『十月革命』やその小さい一環であった父さんたちのプロレタリア文学運動の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一環」の解説

いっ‐かん〔‐クワン〕【一環】

鎖などの一つの輪。
互いに密接な関係をもつものの一部分。全体の一部分。「記念行事の一環として」
[類語]一端一方片方片一方片割れ他方一面半面他面側面片側片面片端一半片鱗一面的一方的サイド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android