一本足(読み)いっぽんあし

精選版 日本国語大辞典「一本足」の解説

いっぽん‐あし【一本足】

〘名〙
① 一本の足。片足
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一二「おもしれへおもしれへ一本足(イッポンアシ)のたち廻り」
② 足が一本しかないこと。また、そういうもの。
人情本・春色恋白波(1839‐41)二「黒鼈甲のの一本足に拵へたるのへ真朱玉(さんごじゅ)の五分珠を付しを」
近世江戸で、女のえり足を白粉で上方立てて塗る形。京、大坂では二本足という。〔随筆守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一本足」の解説

いっぽん‐あし【一本足】

片足。1本の足。「一本足で支える」
足が1本しかないこと。また、そういうもの。「一本足のかかし」
ただ一つの事業で企業全体を支えていること。また、そのような経営方法。一本足打法。「一本足経営」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android