ヴァルター イェンス(英語表記)Walter Jens

20世紀西洋人名事典「ヴァルター イェンス」の解説

ヴァルター イェンス
Walter Jens


1923.3.8 -
ドイツの小説家,批評家。
テュービンゲン大学教授,西独ペンクラブ会長。
ハンブルク生まれ。
筆名モモス(Momos〉。
ハンブルク等の大学で古典文献学とドイツ文学を学び、1950年以降テュービンゲン大で古典文献学および修辞学を講ずる。一方戦後のドイツ文学に指導的役割を果たした文学集団「グループ47」の先鋭的批評家としても活躍。作家としてのデビューは’48年「白いハンカチ」。また、同時代の作家カフカ、ムシル等の研究と批評を通じて「学者詩人」としての立場を確立。ラジオ、テレビドラマでも前衛的実験を試みた。’76年西ドイツペンクラブ会長。他の作品に「被告の世界」(’50年)、「現代ドイツ文学」(’61年)、「グランドホテルの老婦人」(’56年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android