ユトレヒトの詩篇(読み)ユトレヒトのしへん(英語表記)Utrecht Psalter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ユトレヒトの詩篇」の意味・わかりやすい解説

ユトレヒトの詩篇
ユトレヒトのしへん
Utrecht Psalter

カロリング朝時代の聖書写本。フランスのランス派によって 820年頃に制作された。全 91葉の羊皮紙に『詩篇』 151章と外典の断編が筆写され,各ページに1~2ヵ所ペン素描による挿絵が描かれていて,精彩にあふれる図像表現と的確な物語描写によって知られている。おそらくイタリアの初期中世写本と同じ系列に属するラテン語『詩篇』,または他の聖書写本の図像をもとにして,何人かの手で描かれたものと考えられる。ユトレヒト国立大学図書館所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android