ヤルカンド(読み)やるかんど(英語表記)Yarkand

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ヤルカンド」の意味・わかりやすい解説

ヤルカンド
やるかんど / 葉爾羌
Yarkand

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区南西にある一大オアシス、およびその中心となる県をさす。県はカシュガル地区に属し、人口80万4200(2013)。行政上では莎車(さしゃ)県という漢音表記の古名が、1884年新疆省成立以来使われているが、住民の大多数はイスラム教徒のトルコ系ウイグルであり、従来どおりヤルカンドの名でよばれている。

 この地はカラコルム山脈の融雪河川ヤルカンド河が、タリム盆地のタクラマカン(タクリマカン)砂漠に注ぐ地点にあり、すでに漢代には人口約1万6000の莎車国が存在し、古くからシルク・ロードの重要なオアシスとして繁栄し続けてきた。それはアフガニスタン、インド方面へ向かうシルク・ロードの最大の難所パミール・ヒマラヤ越えの拠点として東西通商路上の要衝となり、周辺オアシス、遊牧地帯からの農産物、畜産物の集散地として発達してきたためである。この経済上の利点を背景に、カシュガルとともにタリム盆地のオアシス地帯における政治的中心地を形成してきた。現在でも、南新疆における小麦、トウモロコシ、ワタなどの重要な産地となっている。紡績、建築材料、食品加工などの工場や水力発電所もある。

[真田 安・編集部 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「ヤルカンド」の意味・わかりやすい解説

ヤルカンド

中国,新疆ウイグル自治区南西部,旧シルクロード南道の町。漢字では葉爾羌。旧名莎車(さしゃ)。唐僧玄奘がインドからの帰路ここを通過している。現在はカシュガル(喀什)地区莎車県。灌漑(かんがい)が発達し,小麦,トウモロコシ,綿花の重要な産地となっている。莎車県の人口は79万人(2014)。
→関連項目タリム盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「ヤルカンド」の解説

ヤルカンド
Yarkand

中国,新疆 (しんきよう) (シンチヤン) ウイグル自治区南西部にある都市
西域地方の天山南道にあるオアシス都市。漢代には莎車といわれた。パミール越えの一要衝で,仏教も盛んであった。13世紀チャガタイ−ハン国の成立後は,その一中心地として重要な拠点となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版 「ヤルカンド」の意味・わかりやすい解説

ヤルカンド【Yarkand】

中国,新疆ウイグル自治区南部のオアシスおよびその中心都市名。南方カラコルム山脈から流れ下るヤルカンド川のタリム盆地への出口,タクラマカン砂漠の南西端に位置する。前2世紀には既にオアシスが成立しており,中国史料では莎車(さしや)と記している。以来,東西交易路の一拠点であり,また中央アジアとインドを結ぶ道の起点として繁栄した。古代の住民はアーリヤ系仏教徒であったが,9世紀から11世紀の間にトルコ系イスラム教徒に替わり,ヤルカンドの名もこの頃現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤルカンドの言及

【莎車】より

…《魏書》には渠沙国として見える。新疆ウイグル自治区のヤルカンド(葉爾羌)にあたる。現在の人口は約4万5000。…

※「ヤルカンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android