ムン川(読み)むんがわ(英語表記)Mune

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムン川」の解説

ムン川
むんがわ
Mune

タイ北東部を流れるメコン川支流。バンコク北東の山地に源を発し、コラート高原を東流し、ウボンを経てラオスとの国境でメコン川に流入する。全長560キロメートル。乾期雨期流量の差が著しく、普通年の最大流量は毎秒3000立方メートルであるが、最小流量は毎秒13立方メートルにすぎない。構造平野を侵食して流れ、河岸沿いに比高は低いが自然堤防が発達する。日本では集落は自然堤防上にできるが、ここでは浸水しない構造平野、あるいは構造平野と沖積平野との間の低い段丘状の地形にできる。ウボンもこのような地形上にある。沿岸最大の都市ナコン・ラチャシーマーの上流まで航行が可能で、メコン川総合開発の一環としてダム建設が進められている。

[大矢雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android