ムラミン酸(読み)ムラミンサン

化学辞典 第2版「ムラミン酸」の解説

ムラミン酸
ムラミンサン
muramic acid

2-amino-3-O-(1R-carboxyethyl)-2-deoxy-D-glucose.C9H17NO7(251.24).D-グルコサミンの3位のヒドロキシ基D-乳酸のそれとの間で脱水し,エーテル結合したもの.細菌細胞壁多糖の加水分解で得られるが,合成もされている.水和物は融点152~154 ℃.+109°(水).水に可溶,アルコール類に不溶.N-アセチル誘導体はN-アセチル-D-グルコサミンとともに細菌の細胞壁のペプチドグリカンを構成し,そのカルボキシル基は,D-グルタミン酸,D-アラニンなどの特異なアミノ酸ペプチド結合している.リゾチームはムラミン酸のグリコシド結合加水分解し,そのため,水に不溶の細胞壁は溶解する.[CAS 1114-41-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムラミン酸」の解説

ムラミン酸
ムラミンさん
muramic acid

C9H17NO7分子量 215.23。細菌壁の主成分であるアミノ糖N-アセチルグルコサミンと乳酸とが結合したもの。抗生物質の構成成分としても見出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android