ムラト(2世)(読み)むらと(英語表記)Murat Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムラト(2世)」の解説

ムラト(2世)
むらと
Murat Ⅱ
(1404―1451)

オスマン帝国の第6代スルタン(在位1421~44、46~51)。即位後、スルタン僭称(せんしょう)者ムスタファを屈服させ、彼を保護したビザンティン皇帝への報復としてコンスタンティノープルを包囲したが、ハンガリー王フニャディの進撃により撤退。カラマン侯国を制圧して中部アナトリアを併合した。バルカンでは23年間戦い続けたハンガリーと休戦協定を結び、14歳の息子メフメト2世に王位を譲った。しかし、ふたたびハンガリー軍が侵入したので、軍を指揮してバルナの戦いに勝利を収めた。1445年のイェニ・チェリの反乱により46年復位。アルバニアのスカンダル・ベグ、ハンガリー軍との戦いを続け勝利した。

[永田真知子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ムラト(2世)」の解説

ムラト(2世)
Murat Ⅱ

1401〜51
オスマン帝国第6代スルタン(在位1421〜51)
ハンガリーに敗れ,セルビア・ワラキアを失ったが,勢力を回復し,1444年ヴァルナの戦いでハンガリー−キリスト教徒連合軍を破り,バルカンの領土を守った。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android