ムラセン山(読み)むらせんさん(英語表記)Mulhacén

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムラセン山」の解説

ムラセン山
むらせんさん
Mulhacén

スペイン南縁部、シエラ・ネバダ山脈中にあるイベリア半島最高峰標高3482メートル。同山脈の雪線高度は3100メートル以上で、山頂は万年雪に覆われている。氷期には雪線高度は2000メートル近くまで下降したと考えられ、カール(圏谷)やモレーン(氷堆石(ひょうたいせき))などの氷河地形が山腹に残存する。1754年アントニオ・ポンスが初登頂。

[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムラセン山」の解説

ムラセン山
ムラセンさん
Mulhacén

スペイン南部,アンダルシア州,グラナダ県にあるネバダ山脈の最高峰。イベリア半島の最高峰でもある。標高 3478m。万年雪をいただく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android