ムブティ族(読み)ムブティぞく(英語表記)Mbuti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムブティ族」の解説

ムブティ族
ムブティぞく
Mbuti

バンブティ族 Bambutiともいう。中央アフリカコンゴ民主共和国のイトゥリの森に住む一民族。ムブティを含め,トゥワ,アカなどアフリカの熱帯雨林に住む低身長の諸民族および東南アジアで同様の特徴を示す諸民族は,起源を異にするにもかかわらず,外見上の類似から「ピグミー」と呼ばれ一括されてきた。ムブティはアフリカの「ピグミー」のなかでは最大の集団である。網猟を行うものと,弓猟を行うものとがある。5~30の単婚家族で父系的バンドをつくって放浪生活をおくる。各バンドのメンバーは固定的ではなく,統括者にあたる者はない。一夫一婦制で家族の紐帯は強い。森の中に慈悲深い神がいると信じており,死後の世界にはほとんど関心をもたない。近隣の諸民族と共存しているため固有の言語を失っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android