ムネラ(読み)むねら

世界大百科事典内のムネラの言及

【ライトゥルギー】より

…指名された該当者(事実上,有資産市民)は原則として,みずから赴き,みずからの経費負担で義務を遂行した。ラテン語での対応語がムネラmuneraであり,ローマ帝国治下の属州都市では,参事会員curialesは名誉職honores(ギリシア語ではarchai)として別扱いされ,ムネラとは区別されたが,参事会員の就任忌避が強まるなかで,この区別は実質的意味を失った。 エジプトでは,ライトゥルギーは対国家強制義務を意味し,ヘレニズム・ローマ初期にはあまり実施されなかったが,紀元後1世紀後半以後しだいに一般的に適用され,ついには県知事stratēgos,村落書記basilikos grammateusより下のすべての役職,奉仕がそれに含まれるに至り,それぞれに詳細な条件が定められて,該当者の範囲の中から任命が行われた。…

※「ムネラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android