ムテサ(2世)(読み)むてさ(英語表記)King Edward Frederick Mutesa Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムテサ(2世)」の解説

ムテサ(2世)
むてさ
King Edward Frederick Mutesa Ⅱ
(1924―1969)

ウガンダブガンダ王国最後の国王(カバカ)。独立後ウガンダ初代大統領。マケレレ大学在学中王位を継承したが、引き続きケンブリッジ大学に留学。1953年宗主国イギリスのウガンダ統一国家独立構想に反対してブガンダ王国単独独立を主張したため、イギリスによって王位を剥奪(はくだつ)されロンドンに追放。1955年許されて帰国。1962年ウガンダの独立とともに大統領に就任。1966年改憲によりオボテ首相が全権を握り、宮殿を襲ったため、ムテサ2世はロンドンに亡命。1969年失意のうちに死去。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android