ムチモ(読み)むちも

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムチモ」の解説

ムチモ
むちも / 鞭藻
[学] Cutleria cylindrica Okamura

褐藻植物、ムチモ科の海藻。淡褐色で、叉(さ)状分岐を繰り返す細い鞭(むち)状の体枝からなる分枝体。体高10~30センチメートル、太さ2~4ミリメートル程度の体枝をもつものが多い。老成体は体枝が太くなり、周囲を小疣(しょうゆう)(小さいいぼ)状隆起に取り巻かれ、色も暗褐色に変化する。深さ5~20メートルの外海底に生育する多年生海藻で、温海性。日本での分布は太平洋中南部から内海、九州北西岸と広いが、産量は少ない。

[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android