ムクゲ(木槿)(読み)ムクゲ

百科事典マイペディア「ムクゲ(木槿)」の解説

ムクゲ(木槿)【ムクゲ】

ハチスとも。東アジア原産のアオイ科の落葉低木。庭木や生垣として栽植される。直立してよく分枝し,木はだは灰白色,葉は卵形で多くは3裂し,不整な鈍鋸歯(きょし)がある。8〜9月,葉腋につく花は5弁,径5〜6cmで1日でしぼむ。花色は白,紅紫,底紅(宗旦),また八重咲など園芸品種も多い。白花系統の蕾を乾燥したものが漢方の木槿花(もくきんか)で,胃腸炎などに用いられる。さし木でよくつく。
→関連項目ハイビスカスハチス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ムクゲ(木槿)」の解説

ムクゲ【ムクゲ(木槿) shrubby althaea】

古くより庭園に植えられるアオイ科の耐寒性低木(イラスト)。一名ハチスともいう。原産地は中国と推定され,高さ2~4m,全株平滑で分枝が多く,樹皮は灰色,葉は短柄で互生し,夏から秋に咲く花は葉腋(ようえき)に生し,花柄は短く,花の直径は7~10cm,通常,桃色からすみれ色までと花色に変化がある。花柱はあまり突出せず,小苞片は6~8枚,果実楕円形先端はとがり,種子には毛がある。観賞用として庭に植えるほか,茎の皮から繊維をとり,また製紙原料ともする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android