ムギラン(読み)むぎらん

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムギラン」の解説

ムギラン
むぎらん / 麦蘭
[学] Bulbophyllum inconspicuum Maxim.

ラン科(APG分類:ラン科)の常緑多年草。長さ5~8ミリメートルの小形の偽球茎が連なる。葉は偽球茎のに1枚つき、長楕円(ちょうだえん)形で長さ1~3.5センチメートル。6月、偽球茎のわきから花茎を出し、淡黄色花を1、2個開く。花冠は半開し径約3ミリメートル。岩上または樹幹に着生する。中部地方以西の本州から九州、および朝鮮半島南部に分布。名は偽球茎の形を麦粒に見立てたもの。

井上 健 2019年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムギランの言及

【マメヅタラン】より

…シコウランB.macraei (Lindl.) Reichb.f.は花が大きく,側萼片が長く約5cmあり,九州南部から琉球に分布する。ミヤマムギランB.japonicum (Makino) Makinoはシコウランをずっと小型にした花をもつ。ムギランB.inconspicuum Maxim.は花はマメヅタランに似るが,偽球茎があり葉も細長い。…

※「ムギラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android