ムガベ(読み)むがべ(英語表記)Robert Gabriel Mugabe

日本大百科全書(ニッポニカ)「ムガベ」の解説

ムガベ
むがべ
Robert Gabriel Mugabe
(1924―2019)

ジンバブエの政治家。労働者の子としてマショナランド州クタマに生まれる。1951年フォートヘア大学教育学部卒業後、南アフリカ連邦、南ローデシア(現、ジンバブエ)、北ローデシア(現、ザンビア)、ガーナで教師を務め、1960年帰国、民族民主党に入党した。翌1961年同党は非合法化され、エンコモの率いるジンバブエ・アフリカ人民同盟(ZAPU)に参加、1963年逮捕されたがタンザニアに逃れ、シトレとともにジンバブエ・アフリカ民族同盟ZANU)を創設、書記長となる。1964~1974年逮捕、拘留されたが、1974年釈放。1976年エンコモとともに愛国戦線(PF)を結成し、同時にZANU議長、解放軍(ZANLA)総司令官となり、ゲリラ闘争を指導。1979年のロンドン制憲会議に出席、翌1980年の総選挙で勝ち、4月の独立とともに初代首相に就任。社会主義に基づく国家建設を進め、一党制化を目ざした。ZANUは1987年ZAPUと合併、ジンバブエ・アフリカ民族同盟-愛国戦線(ZANU-PF)となり、ムガベは大統領に就任。しかし、1980年代後半の経済危機により、一党制化を放棄し、1990年には国際通貨基金(IMF)・世界銀行の構造調整計画を受け入れ、経済の自由化を実施した。1992年、植民地時代に白人が略奪した農地をアフリカ人に取り戻す土地収用法を制定、1996年3月の大統領選で3選された。2000年初め、元ゲリラ兵が白人農地を占拠する事件が各地で起こり、同年4月ムガベがそれを認めたことから、ジンバブエは白人農場主、旧宗主国イギリスと対立、イギリスは援助停止するとした。また2001年イギリス連邦はジンバブエに対し、1年間加盟資格停止を決議した。しかしムガベは方針を変えず、2002年の大統領選挙で4選され、2003年末ジンバブエはイギリス連邦を脱退。2008年には5選された。

[林 晃史]

 5選を果たしたものの、失政によるハイパーインフレーションのために支持者離れが進んだばかりでなく、国際社会からは選挙が公正・自由でなかったと強く非難されたことなどもあり、ムガベは野党勢力との連立政権樹立に合意した。この暫定的な政府のもとで2013年5月に大統領の再選を2期に制限することなどを定めた新憲法が制定され、この憲法の規定に従って同年7月に行われた選挙では6割の票を得て6選されたものの、不正選挙ではと強く疑われた。ムガベは妻のグレースGrace Mugabe(1965― )を後継者にしようとして、2017年11月、その座をグレースと争っていた第一副大統領を罷免した。これに反発した国防軍により自宅軟禁されるとともに、与党ZANU-PFからは弾劾手続を開始され、同月、やむなく大統領を辞任し37年間守ってきた権力の座を降りた。

[編集部 2019年9月17日]

『原口武彦編『転換期アフリカの政治経済』(1993・アジア経済研究所)』『Lorraine EideRobert Mugabe(1989, Chelsea House Publishers, New York)』『Martin MeredithOur votes, our guns ; Robert Mugabe and the tragedy of Zimbabwe(2002, PublicAffairs, New York)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムガベ」の解説

ムガベ
Mugabe, Robert

[生]1924.2.21. 南ローデシア,クタマ
[没]2019.9.6. シンガポール
ジンバブエ(旧南ローデシア)の解放運動指導者,政治家。首相(在任 1980~87),大統領(在任 1987~2017)。フルネーム Robert Gabriel Mugabe。ローマ・カトリックのミッション・スクールを経て,1951年南アフリカ連邦のフォートヘア大学を卒業,1956~60年ガーナで教員生活を送った。1960年帰国し,アフリカ人の民族主義政党である民族民主党に入党,1961年にはジンバブエ・アフリカ人民同盟 ZAPUに入党した。1963年ンダバニンギ・シトレとともにジンバブエ・アフリカ民族同盟 ZANUを創設し,ゲリラ活動を含めたより急進的な解放運動に乗り出した。1964年破壊活動的な演説を行なったかどで投獄され,1974年に釈放された。解放勢力をアフリカ民族評議会 ANCに一本化してイアン・スミス率いる少数白人政権と独立問題(→ローデシア問題)を交渉しようとするアベル・ムゾレワ,ジョシュア・ンコモ,シトレらの立場に反対し,モザンビークでジンバブエ人民軍 ZIPAを組織してゲリラ戦を指導。ANCとスミス政権の交渉が頓挫している間にゲリラ戦を通じて影響力を強め,1976年 ZANUの議長に就任すると,武闘派に転換したンコモ率いる ZAPUとともに,1976年愛国戦線 PF(のちのジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線 ZANU-PF)を組織してその共同議長となった。1979年旧宗主国のイギリスが植民地支配の終焉を宣言。これをうけ 1980年の独立に向けた総選挙が実施されると,PFが圧勝し,ムガベは初代首相に就任。1980年4月18日,黒人多数支配のジンバブエとして正式に独立を達成した。1987年の憲法改正で首相職が廃止され,大統領に就任。以降 6選されたが,社会主義路線に反対する党幹部などと対立し独裁化を強め,また対外債務返済のため通貨を乱発してハイパー=インフレーションを招いた。2017年,ムガベがエマーソン・ムナンガグワ副大統領を解任したことに端を発した事実上の軍事クーデターにより失脚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ムガベ」の解説

ムガベ

ジンバブエの政治家。ジンバブエ・アフリカ民族同盟(ZANU)を率いて白人少数支配からの解放闘争を展開。1980年の独立とともに初代首相,1987年に大統領に就任。1990年,1996年にそれぞれ再選される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android