ムカデ(百足)(読み)ムカデ

百科事典マイペディア「ムカデ(百足)」の解説

ムカデ(百足)【ムカデ】

節足動物唇脚綱の総称。体は細長く,多くの体節からなり,各体節は1対の脚をもつ。頭部の先端には長い触角があり,下側には1対の毒顎がある。夜行性で小動物を食べ,昼間は石や枯葉などの下に潜む。体節数の多いものでは170節以上のもの,大きいものでは体長30cmに達するものがある。日本にはアカムカデ(体長4cm),イッスンムカデ(体長2.5cm),アオズムカデ(体長7.5cm)などがよくみられる。ゲジもこの仲間。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android