マルターゼ(読み)まるたーぜ(英語表記)maltase

日本大百科全書(ニッポニカ)「マルターゼ」の解説

マルターゼ
まるたーぜ
maltase

マルトース麦芽糖)を加水分解して2分子のグルコースにする酵素であるが、マルトースに特異的に作用するものではなく、α(アルファ)-D-グルコシド結合を加水分解してD-グルコースを遊離する酵素の総称であるα-グルコシダーゼと同義に扱われる。すなわち、アルキルまたはアリールグルコシドなどのヘテロシドおよびマルトースなどのホロシドを加水分解する。

 α-グルコシダーゼはほとんどすべての生物に含まれ、とくに酵母に多く存在する。高等動物では唾液(だえき)、膵臓(すいぞう)、腸液などにも含まれているが、小腸とくに空の粘膜からは5種類ものマルターゼ活性を有する酵素が分離されている。デンプン消化の場合、アミラーゼとともに重要な役割を果たしている。なお、糖原病Ⅱ型(ポンペ病)は酸性のα-グルコシダーゼの欠損症である。

村松 喬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「マルターゼ」の解説

マルターゼ

消化酵素の一つ。麦芽糖(マルトース)を2分子のブドウ糖に加水分解する酵素。動植物界に分布が広く,特に麦芽,酵母,糸状菌などのものは活性が強い。動物では消化酵素として唾液(だえき),膵液,腸液および軟体動物や甲殻類中腸腺などに含まれる。グリコーゲン,デンプンなどは,アミラーゼによって麦芽糖に分解されてからこの酵素の作用をうける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マルターゼ」の解説

マルターゼ
maltase

α-グルコシダーゼの一種。生物界に広く分布している酵素で,酵母などには特に多い。人体では腸液に含まれ,マルトースを2分子のグルコースに加水分解する作用をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「マルターゼ」の解説

マルターゼ

〘名〙 (Maltase) 麦芽糖を分解し、二分子のぶどう糖を生じさせる酵素。動物の消化液中に存在し、酵母にも多量に含まれている。〔児童のお弁当百種(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「マルターゼ」の解説

マルターゼ(maltase)

麦芽糖(マルトース)などをぶどう糖加水分解する酵素。小腸などの消化液に含まれ、酵母に多く存在。α-グルコシダーゼ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「マルターゼ」の解説

マルターゼ

 マルトースをグルコース2分子に加水分解する反応を触媒する酵素.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android